So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ゲーム ブログトップ

攻略wikiがwikiではない?件について [ゲーム]

Fate/Grand Orderの攻略サイトなどよく利用させてもらっています。

そこでよく見かけるのですが、~攻略wikiというサイト名。

wikiって、HTMLを使わない独自の記法で、
いつどこでも誰でも自由に簡単に記事を編集できる、
みたいなシステムとざっくり認識しています。

それで、@WIKIとか、WIKIWIKIとか、SeesaaWikiとか、
wikiのサービスを利用したものがいろいろありますが、
中にはwikiを使用していないように見えるものもあります。


なので、それってどうなの、と思ってしまいます。


wikiのシステムに精通しているわけでもないですし、
利用させてもらっている側ではあるので、
気にするなといいといわれれば、そうなのですけどね。

ちなみに、WikipediaをWikiって略す、それってどうなの、と思ってしまいます。
(今もその略し方が多いか知らないのですが、過去に少なからずありましたね)

タグ:Wiki
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうぶつの森ポケットキャンプを始めて・・・ [ゲーム]

新年ということで、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご多幸をお祈りいたします。

さて、昨年よりどうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)を始めたわけですが、
どうぶつの森シリーズはN64から知っていたものの、実際に遊ぶのは初めてです。

現実の時間を使って、短縮した現実を生きる(生活する)ようなゲームを
なぜするのか、などと考えてしまい、あまり遊ぼうとは思っていなかったのです。

それ故に始めたのも、基本無料アイテム課金ということで、
ちょっとやってみようかな、などと思って始めたわけです。

結果、、、

どうぶつたちのお願いをかなえて素材を手に入れるために、
3時間置きにアイテムを集めて集めて届けて届けて奔走、
キャンプ場にどうぶつを呼ぶために、家具を作って、終わったらまた作って。

どうぶつの森ってスローライフのイメージが、全然スローな感じがしません。
家具作りも、どうぶつのお願いをかなえるのも、アイテム集めるのも、
どれもバランスよく進めないと、頭打ちになってくるシステム。
きっと、コンシューマー向けの設計とは違うのでしょう、と。

・・・

・・・・・・

と、ここまで書いたわけですが、遊び方は自由なので、
なにも、そこまでして頑張る必要はないと数週間後に気づきました。
イベントも、いまのところ、季節感のある家具が手に入るのみ。
随所でリーフチケット(課金)を使えば、時間短縮、素材省略など、
もはやゲームらしさをことごとく除外することもできますが、
すべてに課金したらきり無いですし、無料でもリーフチケットを多少もらえるので、
マイペースに進めるのがよいなぁ、と思いました。

でも、起動すると、今いるどうぶつのお願いをすべてかなえたくなってしまうのだけれど。

それはそうと、どうぶつたちはもう少しキャラ付けはないのかしら。
語尾をちょっと変えているだけで、言っていること、することが基本同じ。

それと、服や家具を売る店がでているけれど、
種類が少なくて微妙な内容のラインナップ。

そんなこんなで、FGO&ポケ森で、無駄に疲れている今日この頃でした。

(話の内容によくわからない点があれば、ポケ森をぜひお試し下さい。)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポケモンGOの魅力って? [ゲーム]

ポケモンGOが流行り、離れ始めているらしいと聞きました。
まぁ、聞いてもおもしろさがいまいちぴんとこないのです。

そもそも、わたしのスマホはWindowsなので対応していないわけですが。

さらに、そもそも、ポケモンをやったことがないです。
(初代ゲームボーイ時代から存在は知っていますが、RPGの類いはあまりやらないので。)

でも、まぁ、さらなる盛り上がりは今後のUpdate次第でしょうか?
一度このアプリが認知されたなら、活用の機会は広がったでしょうし、
任天堂さんに限って、単純なUpdateだけのはずがないと、思ったりしています。

ただ、ポケモンGOに限らず歩きスマホはしないよう注意して欲しいです。
今までも、歩きスマホで歩くの遅くなっているし、周り見えていないしで、
なかなかになかなかでしたが、さらに増えるのはなかなか。

・・・そうですね。わたしも注意します。たまに、やってしまっているときありました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゼルダに期待 [ゲーム]

新作ゼルダ。
この間、E3の映像が公開されました。

目新しさという意味では弱いですが、でも、それはさして重要ではないです。
基本的には、面白くしてくれるはずだから。
「当たり前を見直す」ということで、どうなるかが楽しみ。

今回は、広大で自由度が高いゲームシステム。
特にWii以降、任天堂さんのマリオにしろゼルダにしろ、
一本道なパターンが強くなっていた部分があるのでそこは期待。

映像を見ると、スカイウォードソードにトワプリを足したような感覚。
個人的にはあと完成に2、3年開発がかかりそうな印象も受けてしまいました。

処理落ちも見受けられたので、次世代機側で遊ぶのが妥当でしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ゲーム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。