So-net無料ブログ作成

気になるスクラムという手法

「スクラム」という本を、最近読み始めました。
ここでいうのは、チーム開発等のパフォーマンスを高める手法のことです。
マイクロソフト社など、有名なところでも導入されているらしいです。
(語源はラグビーのそれのようです)

読んでいて思ったことは、チームに対することだけれど、
個々人のパフォーマンスが高くなくてはいけない、と感じました。
つまり、「意識」と「教育」が十分であることが。

いや、まぁ、チームが円滑に運営されるためのさまざまな要素が
すべて成立してスクラムなわけですけど。

そんなわけで、導入しようとする場合は、
まず、主導できる人が主導しないと難しいんじゃないかと思いました。
しかも、内容を十分正しく理解するべきです。(当然といえば当然ですが)

そうはいっても、中身はいろいろと話があるので、
内容によっては、個人に参考になる話もあるようですし、
スクラムは基本1チーム3~9人ということで、
別に制約が大きいとかいうわけではないですけどね。

何か行き詰まっていたら、読んでみるにもよい内容かもしれません。


スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術

スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術

  • 作者: ジェフ・サザーランド
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0