So-net無料ブログ作成

プログラミング教育に思うこと

最近、プログラミング教育とか、小中学校で実施するというような話が。
一応、私もSEの端くれですが、教育が日本の情報産業の底上げになることを期待しておきます。

そういえば、私も小学校の時に初めてプログラミングに触れたなぁ。
学校でロゴライター。亀の。あ、PCはFM TOWNSだった。

プログラミングを学ぶって言うより、興味を持ってもらうことは大切かなぁと思います。
ソフトウェアとひとくくりといっても、結局、方法・ジャンル・用途はさまざまで、
何をどう作るか、どう実現するかという話になるわけで、それぞれに応じた知識が必要ですから。

一方で、SEをやっている中で感じるのは、意外とコンピュータに疎い方が多いと感じます。
それはそれで課題というか。
私もそれほど詳しいわけじゃないけれど、
コンピュータに興味をあまり持っているわけではないというか、
それはそれで違うんじゃないかなって思います。

つまり、確かに、文系/理系の区別はあまり重要ではないとしても、
コンピュータに興味ある、多少なりわかっているっていうのは必要だと思うわけです。
開発するのも、プログラムが動くのも、コンピュータの上ですから。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0